少し逆説的に聞こえるかもしれないが、急激にグローバル化し情報化する社会だからこそ、
商社における人材の持つ価値は、ますます重要性を増していると私たちは考える。
変化に対応するスピーディーで的確な判断・柔軟な発想・創造力といった、
これからのビジネスマンに必須の能力はICチップやディスプレイの中から取り出せるものではない。
また、専門商社故に求められる深い専門知識や業界の文化を身につけるためには、
当然ながら、それらを空気のように呼吸できるまでの充分な時間も必要になる。
だから、信友は人材を大切に育てる。
投資はまず、人に向けられる。そして、成果を急がない。
自主という芽が育つのを、慎重に見守るのだ。決して甘やかしているのではない。
人材こそが、次のSHINATOMOを創る力なのだと、私たちが確信しているからだ。