採用QA
部署や担当する仕事によって頻度は異なりますが、営業職の大半が中国をはじめとする様々な地域へ出張しています。
社員の中には多い時で、月3回海外(特に中国)へ行く者もいます。
男性は基本的にスーツです。
ただ各々取引先に応じて、自分なりにベストな服装を考え、商談に臨んでいます。その辺のTPOは個人の判断によるところが大きいと言えます。
女性の制服はありません。
あります。総合職については、転勤・異動は人事の一環として考えています。その場合は、寮もしくは社宅の制度を設けています。
一般職は採用地勤務となっており、転勤はありません。したがって寮・社宅の制度もありません。ただし、店内の移動は有り得ます。
海外との取引がある為、語学力があるに越した事はありません。
しかし入社前の段階で必ずしも必要というわけではありません。重要なのは入社後の継続的な努力です。当社では中国出張が多い為、英語はもとより中国語の知識も必要となります。ビジネス上必要とあれば努力を惜しまず積極的に勉強する、そういう意欲的な人を当社は求めています。
まず、大原などの簿記学校に通い、簿記3級を取得してもらいます。
総合職は得意先の財務分析ができる様になる為、また大きな金額を扱うので数字に強くなる為、総合職・一般職を問わず簿記3級が必要と考えます。

入社時には社内外の研修を約一週間行います。会社の規則・業務内容の説明やマナーの習得はもちちん、当社の協力工場の見学(一般職も)等を研修で行います。

あとはO.J.T(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)です。
総合職は2年から3年先輩がついて、繊維の専門知識や商売のノウハウをしっかり教えます。一般職も約3ヶ月間先輩がしっかり教え、その後も慣れるまでセクション全体でフォローしていきます。