人材育成について
商社ほど人材に依存する企業はない。
生産設備を持たないが故に、どのようなマーケットへも進出できる商社の財産は、そのビジネス経験の中で蓄積されたノウハウである。しかしながら、激しい変化の時代には、そのノウハウさえ瞬くあいだに陳腐化する。であるならば、従来のノウハウを継承しながら新たなノウハウを創造する「人」に、商社はその存在の全てを賭けるしかない。新入社員に対して、信友が約2年間の修業期間を課すのは、そのためであり、その後、思いきりよく大きな裁量権を社員に与えるのは、継承したノウハウの上に、社員一人ひとりのチャレンジで新しいノウハウを育てたいからである。
信友の人材には企業の未来がかかっている。少数精鋭とは、そういう意味なのだ。
信友は、急がない。