事業領域
国内産地の機屋など織布メーカー
綿をはじめポリエステルなどの合成繊維・毛・麻・絹などあらゆる種類の糸を取扱う。最終製品に連なる繊維の流れの原点に、この原糸課がある。
日本を代表する紡績メーカーや独自の技術を誇るメーカーから原糸を調達し、機屋と呼ばれる産地メーカーに糸を供給するのが、原糸課の仕事。繊維専門商社「信友」の原点であり、最大の成長エンジンでもある。
国内大手紡績会社を中心に、生地問屋、アパレルなど
生機(きばた=染色前の織物)の販売を中心に、近年では海外からの繊維の調達や、お客様のニーズに合わせた生地への着色、製品化も行なっている。
布団カバーやシーツなどに用いられる寝装用テキスタイル、シャツ・ブラウス・パンツなどの衣料用テキスタイルがある。
国内アパレルメーカー、縫製メーカー、染色工場など
糸から織り上げられた布の企画・生産・販売を担当する。
従来は染色する前段階の生機(きばた)の販売が中心だったが、最近では繊維商社ならではのノウハウを活かして染色加工織物をアパレルメーカーへのダイレクトな提案販売が功を奏している。
生地を販売するのではなく、最終製品を見据えたテキスタイルの開発と提案が、信友のテキスタイル部門の主流である。
日本国内のユニフォームメーカーを始め、衣料品の副資材メーカー、建築資材メーカー、土木資材メーカー、農業資材メーカーなど
日本国内や中国、インドネシアその他海外にて生機(きばた)と用途に応じて加工した織物を生産。国内のテキスタイルメーカーに販売している。また不織布を産業資材として建築資材・土木資材メーカーにも販売。さらに裏地やポケットといった衣料品の副資材の販売も行なっている。
紡績会社を始め卸店、ユニフォーム・アパレル関係、商社など
糸と織物の販売が中心。織物は生機と染色加工織物両方を扱っており、生機は最終的にはシャツやユニフォーム、ドレスにして販売される他、中近東の民族衣装にも使われている。
その他、ニット(編み物)の販売も行なっている。
国内アパレルメーカー、国内寝具・寝装品メーカー、量販店など
OEM(相手先ブランドによる生産)を基本に、アパレルメーカーからの依頼を受けた製品を中国、ミャンマーその他海外にて生産し国内への輸入・お客さまの倉庫への納品までをカバーする。量販店などで販売される寝具・寝装品なども守備範囲。
これからの信友の成長分野として期待される部門だ。